【インクジェット複合機/プリンター】と【レーザー複合機/プリンター】の違い

更新日:

近年では、オフィスだけでなく各家庭でも普及率が高くなっている複合機やプリンター。 

年賀状や写真などを印刷しているという人も多いのではないでしょうか。 

複合機やプリンターにはいくつか種類がありますが、現在主流となっているプリンターは「インクジェットプリンター」と「レーザープリンター」の2種類です。 

では、それぞれの特徴やメリットとデメリットについて、比較しながらご紹介していきましょう。  

インクジェットプリンター 

インクジェットプリンターとは、熱や圧力をかけて粒子状にしたインクを、直接用紙に吹きつけて印刷するプリンターです

インクを直接吹きつけているため、レーザープリンターよりも細やかな印刷が可能です。

解像度が高く色味の再現性が高いので、写真の印刷などに向いています。

家庭用のインクジェットプリンターでも、写真印刷用の光沢のある専用用紙と組み合わせれば、品質の高いキレイな写真が印刷できます。 

 

レーザープリンター 

レーザープリンターとは、感光ドラムと呼ばれるローラーの表面にレーザーで照射し、トナーと呼ばれる粉を吹きつけ、熱や圧力で溶かして紙に定着させることで印刷するプリンターです。

熱や圧力によって定着させているため、インクジェットプリンターよりも印刷スピードがとても速いです。

大量かつスピーディーに印刷できるので、資料や書類などの文書をたくさん印刷することに向いています。 

 月額2980円でレーザープリンターをレンタルする!?

 

メリット・デメリット 

◆インクジェットプリンター 

・メリット
 解像度が高い、本体サイズが小さい、消費電力が少ない、本体価格が安い 

・デメリット
 印刷スピードが遅い、インクが詰まりやすい・にじみやすい、インク交換や給紙の頻度が高い 


 

一般的にインクジェットプリンターは本体のサイズが小さく、設置にスペースを取らないので、家庭での使用に向いています。

性能によっても差はあるものの、レーザープリンターに比べると価格も安いうえ、少ない電力で印刷できるので、コストを抑えることができます。

しかし本体が小さい分給紙やインク交換の回数が増えるため、手間がかかってしまうというデメリットがあります。 

 

◆レーザープリンター

・メリット
 印刷スピードが速い、トナーの交換回数が少ない、にじみづらい、一枚あたりの印刷コストが安い 

・デメリット
 解像度が低い、本体サイズが大きい、消費電力が多い、本体や消耗品の価格が高い 

 


 

レーザープリンターはインクジェットプリンターに比べると一枚あたりの印刷コストが安く、印刷スピードも速いので、印刷枚数が多く印刷頻度も高いビジネスシーンに向いています。

インクではなくトナーと呼ばれる粉を使用しているため、紙に色がにじみにくいという特徴もあります。

しかしそういった消耗品の価格が高いため、メンテナンスにかかる費用は高額になってしまうというデメリットがあります。 

レーザーだけどメンテナンス費用も抑えたいならこちら! 

 

インクジェットプリンターとレーザープリンターそれぞれの特徴やメリット・デメリットについてご理解いただけましたでしょうか。 

比較するとよくわかるように、対照的なメリット・デメリットがあるので、使用目的に応じたプリンター選びが重要です。 

 

 

どう選ぶのが賢い?

 

「写真をキレイに印刷したい・大量に印刷しない 」という方は、、

インクジェットプリンターを選ぶことをオススメします。 

 

「大量に印刷したい・素早く印刷したい 」という方は、、

レーザープリンターを選ぶことをオススメします。 

 

プリンターを購入する際は、それぞれの特徴を理解したうえで、使用目的や頻度に合わせて選びましょう! 

” Category of Column "

ZEROコピー お得情報 豆知識 お客様の声

Copyright© ZEROコピ , 2020 All Rights Reserved.