レーザーとインクジェットの違い

更新日:

毎年のように新しいプリンターが発表されますが、全て同じではないんです。

プリンターは大きく分けて2種類。それは「インクジェット」と「レーザー」です。

インクジェットとレーザー、それぞれのプリンターの特徴を理解して、印刷頻度や使用目的によって適した複合機、プリンターを選びたいものです。

そこで、今回は印刷品質に重点を置き、インクジェットとレーザーの違いをご説明させていただきます。

 

インクジェットプリンターとは

インクジェットプリンターは熱や圧力をかけてインクを直接用紙に吹き付けて印刷するプリンターとなります。

レーザープリンターよりも細やかな印刷が可能で、解像度が高く色味の再現性が高いです。

写真屋さんの印刷などもインクジェットプリンターを使用しており、家庭用のインクジェットプリンターでも写真専用の光沢紙などを使用すれば品質の高い綺麗な写真が印刷できます。

ただ、インクを直接用紙に吹き付けて印刷をするため、色を多く使う資料などは用紙が湿っぽくなってしまったり、染料インクだと濡れたら滲んでしまったりなどの特徴もあります。

 

レーザープリンターとは

レーザープリンターは感光ドラムと呼ばれるローラーの表面にレーザーで照射し、トナーと呼ばれる粉を吹き付け、熱や圧力で溶かして紙に定着させることで印刷するプリンターです。

インクジェットと違い、湿っぽくなったりや滲む事はなく、感光ドラムを通して印刷をするため、印刷物に光沢がかかります。

 

インクジェットかレーザーか、、選び方

「インクジェットプリンター」と「レーザープリンター」の印刷品質の特徴をご説明しましたが、

写真印刷をしたい場合はインクジェットプリンター(正直あまりないと思いますが、、、)

一般的な印刷をしたい場合はレーザープリンターをおすすめします。

インクジェットプリンターもレーザープリンターも様々なタイプの商品がありますので、

自分の使い方にあったプリンターを選ぶことが大事です。

” Category of Column "

ZEROコピー お得情報 豆知識 お客様の声

Copyright© ZEROコピ , 2020 All Rights Reserved.