リース契約中にコピー機を入れ替えるメリットとデメリット

更新日:

 

複合機、コピー機をすでに利用している方は多くいらっしゃると思います。

ペーパレス時代に突入しても、まだまだ複合機、コピー機の印刷は欠かせないものですよね。

NTT西日本の“複合機利用実態調査2018年”によると、なんと8割を超える企業が複合機を導入済みと調査結果がでております!

 

複合機、コピー機は【リース契約】【買取り】【レンタル契約】と大きくわけて3つの導入方法がありますが、

複合機、コピー機の導入に対して、最も多い【リース契約】について深堀したいと思います。

⇒リース?レンタル? 7つの基準

今回の記事では
リース契約期間中に複合機、コピー機を入れ替えるメリットとデメリットについてご説明いたします!!

それではいってみましょうーーー!!

 

はじめに

 

【リース契約】とは複合機、コピー機を導入する際に、リース会社から5~7年の長期間借りて利用する事を指します。

【リース契約】を締結して複合機、コピー機を導入してから、こんなお悩みを持った事はないでしょうか? 

 

「思っていたより印刷コストの負担が大きい」

「印刷枚数が増えてきて印刷スピードに不満がある」

「もっと多機能な機種に入れ替えたい」

「長く利用して故障の頻度が増えてきた」

⇒コピー機(リース)を安く導入する裏技!?

複合機、コピー機の【リース契約】は長期契約になり、途中解約をする事はできません。

ただし、残りのリース料金を一括支払いし、強制的に契約満了にする事ができます。

残りのリース料金を一括支払いし、
新しい複合機、コピー機に入れ替える(リプレイス)メリットとデメリットについて続けてご説明します!

 

複合機、コピー機をリプレイスするメリット

 

①最新機種が利用できる

 

 

複合機、コピー機はメーカーにもよりますが、2年周期ぐらいで最新機種が発表されます。

以前の複合機、コピー機より性能が良くなり、便利な機能が利用できるようになります。

また、もちろん新品の複合機、コピー機になるので、故障頻度も軽減されます!

⇒最新コピー機メーカーランキング

 

 

②現状に合わせた複合機、コピー機が選べる

 

 

複合機、コピー機を長く利用していくうちに、会社の印刷状況なども変わっていくと思います。

会社の状況をみると現状のコピー機がアンダースペックやオーバースペックになっている事もあります。

複合機、コピー機は印刷速度に応じて本体価格が大きく変動します!

1分間で23枚の出力枚数のコピー機と50枚の出力枚数のコピー機では100万円以上本体価格が違います。

今の状況を把握して適正なコピー機を入れ替える事ができます!

⇒印刷速度を簡単比較!3つの基準と2つの単位(ipm, ppm)

 

 

③印刷コストが軽減できる

 

 

月額印刷コストに不満がある場合、複合機、コピー機をリプレイスする事によって印刷コストが軽減できる事があります。

まずは印刷枚数が少なくなりオーバースペックの場合は印刷スピードが今より遅い複合機、コピー機に入れ替えれば本体価格は安くなります。

また、複合機、コピー機を導入している方は【リース契約】の他に各コピー機メーカーと【保守契約】を締結しております。

一般的な【保守契約】としてカウンター保守がありますが、このカウンター料金を安くする事ができます!

⇒コピー機導入時の悩み"保守契約"

 

5年以上前のカウンター金額の相場はモノクロ2円、カラー15円ぐらいでした。

今ではモノクロ1円、カラー10円。メーカーによってはモノクロ0.6円、カラー6円になりカウンター金額はここ最近で一気に下がりました。

現状のカウンター料金が高い場合は複合機、コピー機をリプレイスする事によってカウンター金額を下げ、印刷コストの軽減ができます!

 

⇒複合機のカウンター料金とは-仕組み・相場・節約方法・注意点-

 

 

 

複合機、コピー機をリプレイスするデメリット

 

①現状のリース料金の残債一括支払いが発生する

 

 

【リース契約】は途中解約をする事ができず、残りのリース料金を一括支払いする事によって契約満了にする事ができます。

例えば5年のリースで契約した場合、、

毎月のリース料金が12,000円で12ヶ月分リース契約が残っていたとすると、12,000円×12ヶ月=144,000円となります。

144,000円のリース残債を一括支払いする必要があります。

 

リース契約の残りの月数によって残債金額に変動があるので、残債額によって入れ替えを検討する必要があります。

現状の複合機、コピー機の残債を一括支払いするかは新しいコピー機に入れ替えることによって印刷コストが軽減できるか比較してみましょう。

基本的にはコピー機販売店が残債金額も加味して見積を提案してくれるので確認してみましょう!

⇒コピー機営業の理屈を暴露します!!

 

 

②入れ替え作業に追加費用が発生する

 

 

複合機、コピー機は大型で精密機械になるため、入れ替え作業には費用が発生します。

また【リース契約】は複合機、コピー機の所有権はリース会社になるため、入れ替えた古いコピー機はリース会社が指定する場所に返却をする必要があります。

 

リース会社に複合機、コピー機を返却するのも基本的には新しいコピー機を導入した業者が行ってくれます。

返却先の場所が遠かったりすると追加で費用が発生する事もあるので事前に確認しておきましょう!

 

 

 

まとめ

 

今回は複合機、コピー機を【リース契約】し、入れ替えた場合のメリットとデメリットについてご説明しましたが、参考になりましたでしょうか。

複合機、コピー機の入れ替えは今より良い性能、適正な機種選び、なおかつ印刷コストが軽減されるかがポイントです!

印刷コストでいうと残債金額が多いとコスト削減になかなか繋がらないので、リース契約してから3年目以降がねらい目だと思います。

 

また、注意していただきたいのは複合機、コピー機の入れ替えは再度、5~7年の長期的なリースを組みなおすという事です。

当たり前の事ですが、5年リースより7年リースのほうが毎月支払うリース料は安くなります。

そこを理解しないで、月間の印刷コストが削減できたから満足するのは間違いです!

理解していないお客様も中にはいるので、今までは5年リースだったけど、新しいコピー機は気づかぬうちに7年リースになっていたという事もあります。

 

複合機、コピー機は高価な商品になるのでメリット、デメリットをちゃんと理解して慎重に導入をすすめる事が必要です。

1社のコピー機販売店だけではなく、いくつかのコピー機販売店から見積を取得する事をおすすめします!

 

⇒複合機、コピー機は大手企業にお願いするべき?

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

 

” Category of Column "

ZEROコピー お得情報 豆知識 お客様の声

Copyright© ZEROコピ , 2020 All Rights Reserved.