コピー機業界トップシェア!!シャープ複合機の商品紹介

更新日:

 

 

 

仕事するうえで欠かせない事務機器に複合機、コピー機が挙げられます。

複合機、コピー機は日本国内のみならず海外のメーカーも含めた数多くの企業が参入しています!

その中で、どのコピー機メーカーを選べばいいか悩んでしまいますよね。。

 

複合機、コピー機市場に参入している主なメーカーは

「富士ゼロックス」「キャノン」「リコー」「京セラ」「シャープ」「コニカミノルタ」「ムラテック」「東芝」などが挙げられます。

⇒複合機、コピー機メーカーランキング~2020年版~

 

今回はコピー機業界トップシェアを誇る「シャープ」の複合機、コピー機について、

人気ラインナップ情報や特徴について具体的にご紹介させていただきます。

現在、「シャープ」の複合機、コピー機をお悩みの方は是非、参考にしてみてくださいね!

 

 

目次

シャープ「MX-2661シリーズ」の魅力をご紹介

 

2018年11月に発売されたシャープMX-2661シリーズ。

過去に発売された商品とどのような点が違うのでしょうか?

ポイントは大きく分けて6つあります!

以下にまとめました。

 

・人感センサーによって起動スピードアップ!

・ベーシックオプションにOCR機能を搭載

・複合機本体でアカウントを管理できる

・高速スキャンで業務の効率化を図る

・原稿がかたむいたりズレても大丈夫! (自動補正付き)

・機械の故障やトナー補充のタイミングがわかる

 

上記のことをメインに説明し、シャープMX-2661の魅力を前面に引き出します!

 

 

 

▼特長1 人感センサーによって起動スピードアップ!

 

他の複合機、コピー機メーカーに導入されていた「人感」センサーが、シャープの複合機にも取り入れられました。

複合機のフロントにセンサーがあり、人を認識すると節電モードからオートで立ち上がります。

また検知する範囲も3段階に調整が可能であり、オフィスの広さや設置する場所に応じてオプションを変更できます!

もちろん機能をオフにすることもできるため、必要に応じて設定ができます。

 

 

▼特長2 ベーシックオプションにOCR機能を搭載

 

書類をスキャンする時、ワードやエクセルなどのデータを読み取ることができます。

ロードデータは文字テキストに変換できるため、パソコンで編集が可能です!

シャープMX-2661が発売される前は、パソコンにOCRソフトをインストールする必要がありました。

そこからパソコンごとにデータを変換していたのですが、その手間が省けます。シャープMX-2661ソフトを購入せずともOCR機能が使えます。

 

 

▼特長3 複合機本体でアカウントを管理できる

 

複合機、コピー機の本体に、最大20名までアカウントを管理できるのも特長のひとつです

そのため使用できる機能を制限したり、表示される言語を変更したりできます。

さらにパスワードの設定ができるため、セキュリティも万全です。

 

 

▼特長4 高速スキャンで業務の効率化を図る

 

過去に発売されたモデルとくらべ、すばやく読み込めるようになりました。

大量の原稿をスキャンしなければならない時でも、すぐに作業が完了します。

A4サイズの書類であれば片面80枚/で完結。あっという間に仕上がります。

 

 

▼特長5 原稿がかたむいたりズレても大丈夫!自動補正付き

 

読み込みにスピード感があると、原稿がかたむいてしまわないか不安です。

しかし、かたむいていると検知されるため紙のむだ使いをしなくて済みます!

 

 

▼特長6 機械の故障やトナー補充のタイミングがわかる

 

電源のオン・オフやファックスを送ったり受診したりした時に、ランプが点灯するため分かります。

そのため、機械の状態を目で確認できる便利な機能です。また、トナーを補充するタイミングも知らせてくれます。

 

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

 

シャープ「MX-2650シリーズ」の魅力をご紹介

 

シャープの人気シリーズでもありますMX-2650シリーズ。

こちらも紹介したい機能が主に5つありますので参考にしてみてください。

 

・高度なタッチパネル

・静音仕様

・Common Criteria認証

・パブリッククラウド標準搭載

・新開発!即熱定着システム

 

これらは一体どのような役割を果たすのか、順を追って説明していきます!

 

 

 

▼特長1 高度なタッチパネル

 

高い機能を直感的に使用できる10.1インチ大型タッチパネルを搭載。

また、アイコンデザインもシンプルでわかりやすいです。

さらに、ドラッグ &ドロップでホーム画面を自由に設定できるのもポイントです!

ほかにも、頻繫に使用する項目を表示できる「シンプルモード」が選択できます。

 

 

▼特長2 静音仕様

 

従来の複合機、コピー機は音が大きく、オフィスで使用すると敬遠されることがあります。

しかし、シャープ『MX-2650シリーズ』なら、大きな音が出ることはありません。

理由は、低騒音ブラシレスモーターおよび低騒音駆動ユニットを搭載しているからです。

また、音もれを防ぐためキャビネットの開口面積を削減しています。

これにより、ノイズを大幅カットすることが可能。数値にしてみると一目瞭然です。

従来機MX-2640FNMX-2650を比較すると、およそ64パーセントも作動音を削減できます。

 

 

▼特長3 Common Criteria認証

 

シャープはデジタルフルカラー複合機において、業界初の快挙を成し遂げました。

具体的には「ハードコピーデバイス プロテクションプロファイル v1.0(以下、HCD PP v1.0)」にマッチしたCommon Criteria認証を取得したとのこと。

ちなみに「HCD PP v1.0」は、日本はもといアメリカ政府が規定するデジタル複合機のセキュリティ要件をベースに作られた要求仕様書です。

この認証は、MX-2650の安全性が高いことを意味しています。

 

 

▼特長4 パブリッククラウド標準搭載

 

3sweb® Sharpdesk Online®を筆頭に、あらゆるクラウドサービスと連携が取れます。

つまり、複合機、コピー機からダイレクトにクラウドサービスへ接続が可能。

スキャンされた情報のアップロードやセーブデータを印刷するなど、幅広いシステムが搭載されています!

ほかにも、モバイル端末から複合機の操作が可能なため、文書や写真を手軽にプリントアウトできます。

 

 

▼特長5 新開発!即熱定着システム

 

他のコピー機や複合機は、ウォームアップに時間がかかる印象です。

ところが、MX-2650はたったの10秒で立ち上がります!

従来機よりも待ち時間を大幅に短縮することが可能です。その秘密は即熱定着システムに隠されています。

こちらの機能は小型で薄い加熱ローラーを採用。そのため定着ベルトに熱が伝わりやすく、すぐに温まります。

さらに、一度に多くの書類もスピーディーに取り込みが可能。高速スキャン片面80枚/分で完結します。

 

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

 

シャープ「DX-20C20シリーズ」の魅力をご紹介

 

2019年度 グッドデザイン賞や、2020年度 iFデザイン賞を受賞したDX-20C20

こちらの製品はどのような特長があるのでしょうか。大きく分けて4つ特筆すべきポイントがあります。

 

・コンパクトなスタイル

・何枚かに分けられた原稿を1枚にまとめて印刷が可能

・身分証コピーができる

・チルトタイプ操作パネル

 

これらの特長をひとつずつ説明し、DX-20C20の魅力を解剖します!

 

 

 

▼特長1 コンパクトなスタイル

 

他種の複合機、コピー機だとサイズ感が大きく場所をとるタイプもあります。

しかし、DX-20C20は洗練された外見も魅力のひとつ。オフィスのどこに置いても、困ることはまずありません。

 

 

▼特長2 何枚かに分けられた原稿を1枚にまとめて印刷が可能

 

「両面印刷機能」が搭載された複合機、コピー機のため、紙の裏表にプリントができます。また、用紙の片側に2枚の原稿をまとめて印刷も可能。

この2つを組み合わせて使用すれば、4枚の原稿を1枚に出力できるため紙の無駄づかいが防げます。さらにコストダウンにもつながります。

ほかにも用紙サイズに合わせて出力ができる「倍率自動選択(フィットページ機能)」や「回転ソート」などのオプションがあります。

 

 

▼特長3 身分証コピーができる

 

「あらゆる用紙にプリントがしたい」「仕事を効率よくこなしたい」そのような願いを叶えられるのが、DX-20C20の特長です!

例えば「身分証コピー」機能では、作業にかかる手間を最小限に抑えます。

免許証や保険証など、裏表の情報が必要なカードの印刷を用紙1枚で完結。

従来のような2枚に分けて印刷する時間がはぶけます。

一方、多彩な紙に出力できるのも注目すべき点です。標準トレイはA3からA5サイズに対応しています。

例えば封筒やPOPなど、印刷できるペーパーバリエーションが豊かです。

ほかにも手差しトレイに用紙を設置すると、設定画面をオートで表示する機能があります。

印刷のたびに設定を開く必要がなく、無駄な時間をカットできるのも特長です!

さらに、スキャンしたデータをE-mailFTPサーバーなどに転送できます。そのためあらゆるデータの活用手段があり便利です。

 

 

▼特長4 チルトタイプ操作パネル

 

「使う人の気持ちにFit」のキャッチコピー通り、ユーザー目線に立って作られているのがDX-20C20

バックライト付き4インチ5行表示液晶パネルやチルトタイプ操作パネルなど、使い勝手がいいのも魅力です。

特にチルトタイプ操作パネルでは、取り付けた場所や使う人に合わせて角度の調節ができます。

そのほか、USBメモリーを挿入すると印刷・スキャンのどちらかを選ぶ画面が出てきます。

シンプルな表示のため、使い方に迷うことはありません。

 

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

 

シャープ「MX-2630FNシリーズ」の魅力をご紹介

 

201711月に発売されたシャープのMX-2630FNシリーズ。

当時は高コストパフォーマンスを実現というキャッチコピーで販売されました。

具体的にはどのような機能があるのでしょうか?

今回は以下に記載したMX-2630FNシリーズの特長を4お伝えします。

 

・スリープモードからスピーディーに立ち上がる

・静かな動作音でオフィスワークが快適に

・シンプルなデザインでわかりやすいアイコン

・各種クラウドサービスと連携が可能

 

 

▼特長1 スリープモードからスピーディーに立ち上がる

 

複合機コピー機を、省エネのためにスリープモードにすることがあると思います。

ところが再度立ち上げた時、とても時間がかかった……なんて経験がある人はいませんか?

急いで仕上げなくてはならない書類を抱えていると、一分一秒でも作業を終わらせたいですよね。MX-2630FNには「復帰優先モード」がついています。

そのため電源をオフにしていたとしても、スイッチをオンにするとわずか20秒で利用可能です。

ウォームアップが早いため、急ぎの用事にすぐ対応できます!

 

 

▼特長2 静かな動作音でオフィスワークが快適に

 

従来の複合機やコピー機は、動作音が大きなものが多い印象でした。しかし、MX-2630FNはそのようなマイナスイメージをカバーしています。

その理由は、低騒音ブラシレスモータや低騒音駆動ユニットを搭載しているからです。

こちら2つの機能が働くことにより、動作音が響くのを防げます。

さらに音がもれないよう、キャビネットの開講面積を最小限にするなど工夫しています。

稼動時の平均は52デシベル。この数値を具体的な騒音で表すと「家庭用エアコンの室外機」「静かな事務所の中」が近いです。

 

 

▼特長3 シンプルなデザインでわかりやすいアイコン

 

MX-2630FNシリーズの液晶パネルは7インチ。また、シンプルなデザインでわかりやすいアイコンが特長です。

ほかにも、ユーザーの好みに合わせて画面のカスタマイズができます。

そのため仕事がスムーズにおこなえるほか、角度の調整も難なくできるため画面が見やすいです。

 

 

▼特長4 各種クラウドサービスと連携が可能

 

MX-2630FNは、専用のアプリケーション「MX-AMX2」を導入すると各クラウドサービスと連携できます。

例えば、法人で利用されることが多い3SWEBに接続が可能。

また、モバイル端末からの印刷やスキャンデータのアップロードをおこなえます。

使い方は簡単で、アイコンを選択しタッチするだけ。どのような人でも簡単に操作可能なシステムです。

 

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

 

シャープ「MX-4150FVシリーズ」の魅力をご紹介

 

201712月に登場したデジタル複合機・MX-4150。従来機に比べ、どのような点がパワーアップしたのでしょうか?

特長を以下に4まとめました。

 

・スペースを取らないコンパクトな設計

・さまざまなクラウドサービスと連携が可能

・電源ONでスピーディーに使用ができる

・動作音が静かで使い勝手が抜群

 

上記を中心に、MX-4150ならではの魅力をお伝えしていきます!

 

 

▼特長1 スペースを取らないコンパクトな設計

 

複合機やコピー機などはどうしても場所をとってしまいます。ところがMX-4150はスペースを取らないよう考えられているため、従来機より小型です。

すでに販売されているMX-4140FNと比べすっきりとした作りになっています。

占有面積比で表すと、およそ38%もカット。例えばオフィスに設置する際、デスクのそばや壁際にも置けます。

一方、あまりにコンパクトすぎると性能を心配する声があるかもしれません。

しかし、MX-4150は高性能とスリムなボディを兼ね備えています。

例えば、使用されているハイブリットフレームはスピードを落とさず大量の出力をサポート。

それだけでなく、2つのステープル機能が印刷物を美しく仕上げます。

 

 

▼特長2 さまざまなクラウドサービスと連携が可能

 

Google DriveやOneDrive for Businessなど、あらゆるクラウドサービスと連携できます。

そのためスキャンしたデータを送信したり、セーブした写真を印刷したりなどが可能です。

さらに、法人向けの「3sweb® Sharpdesk Online®」にも対応。

また、シングルサインオン機能を搭載。よって1度情報を入力すれば認証が完了します!

 

 

▼特長3 電源ONでスピーディーに使用ができる

 

他の複合機コピー機だと、ウォームアップに時間がかかる印象です。しかし、MX-4150にその心配はいりません。

なぜならスイッチを押してから起動までにかかる時間は、たったの10秒。そのため効率よく仕事をすることができます。

他にも「即熱定着システム」を搭載。定着ベルトに熱が伝わりやすい素材を採用しているため、一定の温度まですばやく到達します。

また、一度にたくさんの書類をスピーディーに取り込むことが可能。その速度目安は片面80枚/分です。

紙の書類をすぐに電子化することができ、ペーパーレス対策がとれます。

 

 

▼特長4 動作音が静かで使い勝手が抜群

 

性能に優れた複合機であっても、騒音が気になるようではもったいないですよね。

そこでお試しいただきたいのが、MX-4150です。当タイプは低騒音ブラシレスモーターと低騒音駆動ユニットが搭載されています。

そのため、さわがしい音が出にくくなっており快適です。

MX-4150を導入することにより、静かで快適なオフィスワークが実現します。

 

 

まとめ

 

今回は複合機、コピー機の「シャープ」人気ラインナップについてご説明しましたが少しは参考になりましたでしょうか?

「シャープ」でも特に「MX-2661シリーズ」は大人気です!

 

他の複合機、コピー機メーカーと比べてシャープはファースト印刷の立ち上がり速度が一番早いです!!

また、サイズ感もコンパクトに設計されているのが特徴的です。

タッチパネルの操作性も良く、使いやすさに定評があります。

コンビニのローソンとファミリーマートにも導入しており、高い評価を維持しております。

 

まだまだ書ききれないことは多いですが、少しでも気になりましたら、【ZEROコピリース】までお問合せください。

コピー機のプロ【ZEROコピリース】がお客様の代わりにメーカーに直接値引き交渉を行います。

お見積りは無償で対応させて頂いておりますのでこの機会に是非、検討してみてください。

⇒【ZEROコピリース】ページはこちら

 

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

 

 

” Category of Column "

ZEROコピー お得情報 豆知識 お客様の声

Copyright© ZEROコピ , 2020 All Rights Reserved.