沖データの複合機・コピー機の特徴

更新日:

 

 

5年間無償保証を行う「COREFIDO(コアフィード)戦略」や、質の高いLEDプリンタなど、他社とは一線を画す点が多い沖データ!

当記事ではそんな沖データの複合機やコピー機の特徴などをご紹介します。

 

複合機、コピー機の導入を検討している方は各メーカーの特徴などをしっかり理解した上で導入を進めていきましょう。

 

⇒複合機、コピー機メーカーランキング~2020年版~

 

メーカー紹介

 

基本情報

 

 

本社所在地:東京都港区芝浦4-11-22

設立:平成6年10月1日

資本金:190億円

従業員数(令和2年3月末):999名(単独)、4083名(連結)

売上高(令和2年3月期):699億円(単独),976億円(連結)

 

 

沖データは沖電気のプリンター部門が、1994年に独立分社化して設立されたプリンターメーカーです。

他のプリンターメーカーはパソコンや半導体の開発など、プリンター以外の情報機器の製造も行っているケースが多いですが、

沖データはプリンター関連のみを行っています。

そのため、沖データの複合機やコピー機はその他のメーカーには無い高い独自性があります。

その例として挙げられるのが、2006年に開発されたLEDタンデムカラープリンター「C3400」「C8600」です。

 

このプリンターは電子写真式カラープリンターとして、当時世界最小でした。

同年には世界初の異種材料間の薄膜接合技術を実用レベルで量産化した

「エピフィルムビンディング技術」を開発するなど、他社には見られない技術や製品を次々と生み出しています!

2008年にはオフィス向けブランド「COREFIDO」を発表し、その中で業界初の5年間無償保証を実施するなど、

技術だけでなくサービスでも他社には見られない強みを多く持っています。

2013年にはプロフェッショナル市場向けに開発した「C941dn」を発売するなど、

様々なユーザーニーズに応えているのも沖データの大きな特徴です!

 

沖データの複合機・コピー機の特徴

 

沖データの複合機・コピー機の最大の特徴として挙げられるのが「LED方式」を採用していることです。

ご存知の方も多いと思いますが、LEDとは「Light Emission Diode」の略称で、半導体発行素子のことを指します。

大型ビジョンやイルミネーション、室内外の照明など多くの場面で使用されているものです。

沖データはLEDをプリンターに使用しています。

LED方式のプリンターとレーザー方式のプリンターを比較すると以下のような特徴が挙げられます。

 

印刷速度が速い

高画質

メンテナンスが容易

筐体が小さい

 

このような特徴が沖データの複合機・コピー機の最大の特徴です。

レーザープリンターは一本のレーザーを振り分けて感光ドラムに照射するため、内部構造が複雑で筐体も大きくなります。

一方でLEDプリンターはレーザーを感光ドラムに直接照射できるため、内部構造が簡単で筐体を小さく抑えることができるのです。

内部構造が簡単であることはメンテナンスが容易であることにも繋がります。

また、紙詰まりが起こりにくいというのも特徴の一つとして挙げられます!

 

カラープリントは、シアン・マゼンタ・イエロー・ブラックの各色を一度転写して印刷する

「タンデム方式」を採用していることから紙が通りやすいのがその理由です。

複合機やコピー機を選定するにあたって故障のしにくさや使いやすさは非常に重要なポイント!

そのため、沖データの複合機・コピー機は紙が詰まりにくいという点は非常に大きなメリットと言えますね。

 

沖データでおすすめな複合機・コピー機3選

 

上記のような特徴やメリットを持つ沖データの複合機・コピー機。

以下にて、幅広いラインナップの中でもおすすめな3機種をご紹介します!

 

▼MC883dnwv/MC883dnw

 

MC883dnwv/MC883dnwはオフィス向けブランド「COREFIDO」に属する製品です。

沖データの最大の特徴であるLED方式を採用しており、高精細なプリントを可能としています。

また一般的な複合機が1分で25枚程度しか印刷できないのに対して、このシリーズは1分で35枚印刷することが可能。

高品質かつ高速な印刷でオフィス業務の効率改善を実現するのです!

 

 

▼C941dn

 

C941dnは5色印刷が対応可能で、プロフェッショナル市場向けに作られたフラッグシップモデルです。

厚紙や透明なフィルム、封筒や特殊紙など多彩な用紙へ印刷可能で、

封筒印刷が可能な「封筒専用定着器ユニット」、高い耐久性などさまざまな特徴を持ちます!

またサポートや修理受付を専用窓口で行い、当日オンサイト修理(当日出張修理)を受けられる「5年間無償保証プラス」が利用できるなど、

複合機・コピー機が無いと業務が大きく滞ってしまう企業向けの製品と言えます。

 

 

▼LP-1150-MF/LP-1150

 

LP-1150-MF/LP-1150はA1印刷に対応した世界最小サイズの広幅LED複合機・コピー機です。

広幅であるため、CAD周辺の大判図面の運用によく用いられます。

サイズは世界最小であるにも関わらずタッチパネルは8.5インチと大型であり、操作しやすいのも嬉しいポイントですね!

 

 

 

こんな企業におすすめ

 

これまで沖データについての説明や複合機・コピー機の特徴をご紹介してまいりました。

これらを踏まえると、以下のような企業が沖データの複合・コピー機がおすすめです!

 

 

・LEDプリンターに興味がある企業

・メンテナンスが容易な複合機・コピー機が欲しい企業

・手厚い保証を無償で受けたい企業

 

 

まとめ

 

今回は沖データの複合機、コピー機の特徴について説明しましたが参考になりましたでしょうか?

沖データは卓上レーザータイプが人気となります!

病院や士業の事務所に多く設置されております。

 

弊社の【ZEROコピ】サービスでも沖データの複合機、コピー機を取り扱っていますので

少しでも気になった方は是非、お気軽にお問合せくださいー!

⇒お問合せはコチラ

 

 

” Category of Column "

ZEROコピー お得情報 豆知識 お客様の声

Copyright© ZEROコピ , 2020 All Rights Reserved.