コピー機にリース契約が多い理由とは?

更新日:

 

 

どの企業でも必ず一台は持っている複合機、コピー機。

ビジネスシーンでその使用頻度は高く、新しくオフィスを構える際は必ずといっていいほど複合機、コピー機の導入が検討されます。

そして、その複合機、コピー機を手に入れる方法としてはリース契約やレンタル契約、一括購入などが挙げられますが、現実的には大抵の企業がリース契約を選択しています。

現状70%以上の企業が複合機、コピー機を導入する際はリース契約をしています。

 

なぜ、多くの企業がコピー機を導入するにあたりリース契約を選択しているのでしょうか?

当記事ではその理由を明らかにするとともに、リース契約を利用するメリットなども解説いたします。

 

リース契約とは?

 

複合機、コピー機にリース契約が多い理由をご紹介する前に、まず「そもそもリース契約とは?」という疑問にお答えしましょう。

端的に説明するとリース契約とは「リース会社が商品を買い取って顧客へ貸し出すこと」を示します。

そのためリース契約は複合機、コピー機の販売会社ではなく、リース会社と契約を結ぶことになるのです。

 

また、5~7年の比較的長期の契約になるのが特徴のひとつです。

例えば100万円の複合機、コピー機で5年間のリース契約を結んだ場合は、毎月19,000円を60回支払うことでコピー機を利用することが可能となります。

 

※1,000,000円(本体価格)× 1.9%(リース料率)= 19,000円(毎月のリース料)

リース契約はリース会社に支払うリース料率があります。

⇒コピー機をリース契約した場合の料率とは?

 

このようにリース契約は支払い方法が分割支払いとなるため、元手が少なくとも高額の商品を利用することができるのも特徴として挙げられます。

 

コピー機はなぜリース契約が多いの?

 

上記にてリース契約そのものついて説明いたしました。

それでは当記事の主題である「コピー機はなぜリース契約が多いのか?」という疑問にお答えしましょう。

 

結論から申し上げると「リース契約によって初期投資を抑えられるから」というのが、この疑問に対する答えとなります。

冒頭でも触れたように複合機、コピー機はほぼ全ての企業で導入されている事務機器です。

そしてオフィスを構える際は、複合機、コピー機以外にもオフィス家具や事務用品など様々な備品を揃えなくてはなりません。

また、運用資金は手元に多くあった方が最初の内は安心でしょう。

 

このような状況において、100万程度することもある複合機、コピー機を一括購入するというのは非常に痛い出費となることが多いのです。

そのため多くの企業が分割払いによって、出費を抑えられるリース契約によって複合機、コピー機を導入しているのです。

 

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

 

初期投資を抑える以外のリースを利用するメリット

 

上記にて複合機、コピー機にリース契約が多い理由をご紹介しました。

その理由として「リース契約は初期投資を抑えられるから」とご説明しましたが、リース契約のメリットはそれだけではありません。

以下にて初期投資を抑えられること以外のリース契約利用のメリットをご紹介します。

 

①新品のコピー機を安価に利用できる

 

まず最初にご紹介するのは「新品のコピー機を安価に利用できる」です。

複合機、コピー機のリース契約において、リース会社が手配するリース品というのは最新機種であることが一般的です。

そのため、元手があまりなくても新品の複合機、コピー機利用することが可能となります。

もちろん支払う総額はリース料率分高くはなりますが、まとまった出費を抑えながら新品を利用できるというのは大きなメリットと言えるでしょう。

 

②リース契約中に新品に乗換えが可能

 

次にご紹介するのは「契約中に新品の複合機、コピー機に乗換えが可能」です。

5年以上など長期契約が多いリース契約はその契約期間中にコピー機の性能が劣化していくことは十分に考えられます。

しかし、このような際にも残額のリース料を組み込んで新しい機種を契約することは合法的に可能です。

そのため、リース契約によって費用を抑えつつ、新しい機種を使い続けることが可能となります。

⇒リース契約中にコピー機を入れ替えるメリットとデメリット

 

③経費処理が容易

 

次にご紹介するのは「経理処理が容易」です。

リース契約は全額を経費として処理することができ、経理処理が非常に容易です。

基本的には費用として処理し、税務上も損金扱いとなるので自社で利用するものでありながら、資産として計上する必要がないのです。

これはコピー機を自社の固定資産として所有した場合に、減価償却の計算や動産保険などのコストが発生することを考えると非常に大きなメリットと言えるでしょう。

⇒コピー機は経費処理できる?

 

④メンテナンスや保守が容易

 

最後にご紹介するのは「メンテナンスや保守が容易」です。

上記でも紹介したようにリース契約は複合機、コピー機販売会社ではなく、リース会社と契約を結ぶことになります。

そしてこの契約を結ぶ際には保守契約も同時に結びます。

複合機、コピー機の保守契約は一般的にコピー機メーカーと契約します。

そのため、複合機、コピー機に関してトラブルがあった際も保守契約に基づいて、メーカーが対応してくれます。

また定期的なメンテナンスも対応してくれるケースが多く、自社で購入するよりもメンテナンスや保守が容易となるのです。

⇒コピー機メーカーのメンテナンス体制

 

まとめ

 

以上、コピー機にリース契約が多い理由やリース契約利用のメリットなどをご紹介しました。

複合機、コピー機は高額な商品のため、一括払いでの購入が難しいのでリース契約が一般的になったと思います。

5~7年のリース契約を結ぶ事により初期投資を抑える事が可能です。

ただ、長期的な契約になるので導入時は慎重に考える必要があります。

リース契約の内容をしっかり理解したうえで導入する事をおすすめします。

 

補足

 

大型コピー機レンタル【ZEROコピ】サービスでもリース契約のお手伝いをさせて頂いております。

どのメーカーを選べばいいか?どれくらいのスペックが必要なのか?そもそも相場価格はどれくらいなのか?などお客様の要望に応えて対応させていただいております。

特に複合機、コピー機の相場価格は見えにくい状況となっておりますので、現在、他社で取得している見積書の適正価格などもお伝えさせていただきます。

⇒コピー機営業の理屈を暴露します!!

 

複合機、コピー機を検討している方は是非、お問合せください。

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

 

 

” Category of Column "

ZEROコピー お得情報 豆知識 お客様の声

Copyright© ZEROコピ , 2020 All Rights Reserved.