コピー機のトナーの種類やコストパフォーマンスについて

更新日:

 

複合機、コピー機は便利ですが、月々のランニングコストもかかります。

日々のコストを抑えるために、リサイクルトナーカートリッジなどを利用してみたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

 

純正品のほかにも、トナーカートリッジにはいくつか種類があります。

そこで今回は、トナーカートリッジの基本的な知識や代表的な種類などについて解説します。

 

そもそもトナーとは?

 

文字や画像などのデータを紙に印刷するための粒子をトナーと言います。

感光体に作った人間の目では確認できない電子の像に、
レーザービームで色の付いたトナーを焼き付けて定着させることで、初めて私たちの目で確認できるようになります。

 

トナーを発明したのはアメリカ人のチェスター・カールソン氏で、1938年に初めて原理が完成したと言われています。

トナーの語源は「toning」という英単語で、「電子の像を視認できるようにするまでの工程」を意味する言葉が短くなって「トナー」と呼ばれるようになりました。

 

インクジェットよりトナーのほうがコストパフォーマンスは高い!

 

オフィスなどで業務に印刷やコピーを使用する場合、数年単位で利用することが多いでしょう。

複合機、コピー機を導入する初期コストはインクジェットプリンターよりもかかりますが、
1枚あたりの印刷コストなどを総合して長期的に見ると、インクジェットよりもトナーのほうが割安になるケースがほとんどです。

 

複合機、コピー機は印刷やコピーなどの基本機能だけでなく、
ICリーダーを使える機種などセキュリティ面が充実しているものも多いので、目に見える価格以上にお得です。

本体を一括で購入するのが難しい場合はレンタルなどの選択肢もあるので、業務用には複合機を導入するのがおすすめです。

 

⇒レザーとインクジェットの違い

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

トナーの主な成分

 

トナーは5~8ミクロンほどの極小の粒子が集まってできています。

見た目は粉状のトナーですが、複数の成分を混ぜ合わせて作られています。

トナーの主な成分は次のとおりです。

 

プラスチック

粒子を形作る素材で、「高分子樹脂」と呼ばれることもあります。

加熱すると溶ける性質を利用して、用紙にトナーを焼き付ける役割を果たします。

 

顔料

プラスチックは色を持たないので、紙に焼き付けても文字や映像を表現できません。そこで登場するのが顔料です。

顔料は色を表現するための土台となる素材で、絵の具などにも使用されています。

顔料とプラスチックを混ぜ合わせることで、初めて加熱したときに溶けたプラスチックの色が紙に現れるという仕組みです。

 

ワックス

紙に定着させるときに、熱で溶けたトナーがローラーに付くのを防いでくれる効果を発揮します。

ワックスがないと、印刷した紙をローラーから離そうとしても上手く離れず、ローラーに残ったままになる恐れがあります。

 

複合機のトナーの色は何種類ある?

 

トナーの成分には色を表現するための「顔料」が含まれていると先ほど説明しましたが、
一般的な複合機のトナーでは、主に4種類の顔料を使ったトナーを利用します。

4つの色を組み合わせて印刷物のカラフルな色合いを表現するのです。

 

具体的には「シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック」の4種類で、それぞれの頭文字を取って「CMYK」と表すこともあります。

 

⇒RGBとCMYKの違い

 

複合機のトナーの種類

 

印刷用のトナーが入った容器を「トナーカートリッジ」と呼びます。

トナーカートリッジにはさらにいくつかの種類があり、次のように分類されます。

 

純正トナー

複合機を製造しているメーカーが販売しているトナーです。

メーカーの公式Web サイトなどから購入できるケースが多いです。

 

複合機には大抵の場合、推奨されるトナーがメーカーから指定されています。

該当のトナーを選ぶとメーカー保証もあり、安心して使えます。ただし、価格は他の2種類に比べると高くなる傾向にあります。

 

汎用トナー

複合機の製造メーカー以外の事業者(サードパーティー)が販売しているトナーです。

「OEM品」や「ノーブランド」と呼ぶ場合もあります。

 

純正トナーと同等の品質ですが、メーカーの名前を冠せず汎用品として販売するので、
純正よりも安価に購入できます。保証が付かないのはデメリットと言えますが、安全性は純正とほとんど変わりないでしょう。

 

リサイクルトナー

純正トナーを事業者が回収し、内部を洗浄してトナーの補充などを行った上で、もう一度利用できるようにしたトナーです。

純正トナーと同等の印字枚数や性能ですが、使い終えたものを再利用しているので不具合が出るケースも時々あります。

 

純正や汎用品に比べると非常に安く手に入れられるというメリットがあるものの、
業者によって品質が大きく左右されるので、購入を検討する際は信頼できる業者
を選びましょう。

 

まとめ

 

ここまで、複合機のトナーの基本的な知識などについて解説してきました。

業務用など印刷量が多い場合は、インクジェットよりもトナーのほうが長い目で見ると割安になるケースが多いです。

 

トナーは基本的には純正品をおすすめしますが、コストを抑えるなら汎用品やリサイクルトナーを利用する方法もあります。

自社にあった方法を検討して、最適な製品を選びましょう。

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

” Category of Column "

ZEROコピー お得情報 豆知識 お客様の声

Copyright© ZEROコピ , 2020 All Rights Reserved.