どっちがお得!?リースとレンタル契約の違いを徹底解説!

投稿日:

 

どういった業種のビジネスでも必ず必要になってくる複合機、コピー機。

 

会社に複合機、コピー機を導入する方法としては、「リース契約」や「買取り」、「レンタル契約」といった3種類の方法があげられますが、
それぞれの導入方法の明確な違いがわからず、どちらの方法で複合機、コピー機を導入するべきかと
頭を悩ませている方も少なくないのではないでしょうか?

 

そこで今回は、複合機、コピー機の導入方法であるリース契約とレンタル契約の違いについて紹介していきたいと思います。

 

それぞれどういった導入方法なにかについて触れつつ、
それぞれの導入方法の違いやメリット・デメリットについても解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

 

コピー機のリース契約とレンタル契約とは?

 

まず初めに、複合機、コピー機のリース契約とレンタル契約が
どういった契約方法なのかについて解説していきたいと思います。

 

コピー機の【リース契約】とは

まずは複合機、コピー機を導入したい企業側が、コピー機を選定します。

その後、リース会社がそのコピー機を購入し、長期間(5~7年)に渡って企業側にコピー機の貸し出しをおこないます。

 

⇒コピー機にリース契約が多い理由とは

 

コピー機の【レンタル契約】とは

コピー機のレンタル契約は、レンタルを実施する会社が、自社で所有しているコピー機を企業側に貸し出すタイプの契約方法です。

レンタル業者が所有しているコピー機をレンタルすることになるため、選べるコピー機の種類は少ないです。

 

⇒コピー機を「レンタル契約」にするべきシチュエーション

 

コピー機のリース契約とレンタル契約の違い

 

複合機、コピー機のリース契約とレンタル契約の大きな違いといえば、「希望するコピー機を選ぶことができるか、できないか」ですが、

コピー機のリース契約とレンタル契約にはその他にもいくつか異なる点があります。

 

複合機、コピー機のリース契約とレンタル契約の違いについては以下のとおりです。

 

リース契約

コピー機の所有権:リース会社

契約対象:法人のみ

利用期間:5~7年

中途解約:できない

コピー機の種類:好きな製品を選べる

コピー機の状態:新品

初期費用:かからない

毎月の利用料金:安い

審査:必要

 

レンタル契約

コピー機の所有権:レンタル外会社

契約対象:法人・個人

利用期間:数日~数年

中途解約:できる

コピー機の種類:指定の製品から選ぶ

コピー機の状態:中古品

初期費用:かかる

毎月の利用料金:高い

審査:不要

 

コピー機のリース契約とレンタル契約には、結構な違いがあることがわかります。

 

そのため、実際に契約する場合は、それぞれの契約の特徴と違いについてよく把握し、
どの方法で契約するかをよく検討しながら選ぶ必要があります。

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

【リース契約】と【レンタル契約】のメリットとデメリット

 

複合機、コピー機をリース契約で導入するかレンタル契約で導入するか迷った場合、
それぞれの契約方法のメリットとデメリットについても把握した上で決める必要があります。

 

特にデメリットについての把握が重要で、

「こんなデメリットがあるなんて聞いてなかった…!」となってしまわないためにも、

しっかりと理解しておくようにしてください。

 

では、リース契約とレンタル契約のメリットとデメリットについてみていきましょう。

 

【リース契約】のメリットとデメリット

リース契約の主なメリットとしては、好きな製品を選べる点と、費用を抑えられる点とがあげられます。

 

リース契約の場合、選んだ製品をリース会社が購入し、その製品をリースさせてもらうという形での契約になるので、

あらかじめ導入できるコピー機が決められているということがありません。

 

そのため、機能が豊富な最新機器を選ぶこともできます。

 

また、費用が安いというのもリース契約の大きな魅力の一つだと言えるでしょう。

 

リース契約はコピー機を導入する際の初期費用がかかりません。

 

くわえて、基本的に年単位という長期間で契約する必要があるため、
レンタル契約と比較すると月額料金が安いというメリットもあります。

 

そんなリース契約ですが、デメリットがないわけではありません。

まずあげられるのが、審査が必要だという点について。

 

レンタル契約でコピー機を導入する場合は審査が必要ありませんが、リース契約でコピー機を導入する場合は審査を実施し、

その審査に通る必要があります。

 

そのような性質もあって、個人で契約する事ができないという点もデメリットとしてあげられます。

 

また、リース契約は途中で契約を解除するということができません。

 

厳密に言うと、解約自体はおこなえますが、残りの契約期間分の料金も支払う必要があります。

 

リース会社からコピー機を借りる契約になるので、リース料率が上乗せされるのもデメリットのひとつです。

コピー機を一括で購入する場合より手出しは大きくなります。

リース会社によってリース料率は変動があるので必ず確認いたしましょう。

 

⇒コピー機をリース契約した場合の料率とは?

 

【レンタル契約】のメリットとデメリット

レンタル契約のメリットとしては、短期間での利用が可能という点があげられるでしょう。

レンタル契約の場合、リース契約のように長期間での契約が必要ありません。

 

最短の契約期間については業者により異なりますが、最短で1日~レンタルできる場合もあります。

 

また、レンタル契約はいつでも契約の解除が可能なので、気軽に利用しやすいというメリットもあります。

 

その他には、審査が必要ないという点や、法人だけでなく個人でも利用できるという点もメリットとしてあげられるでしょう。

 

一方、デメリットとしては、リース契約よりも費用が高くなってしまいがちという点があげられます。

レンタル契約でコピー機を導入する場合、基本的に初期費用が発生するようになっています。

 

また、月々の料金もリース契約より高めに設定されていることがほとんどです。

 

導入する製品を選ぶことができず、導入されるコピー機が中古品であるという点も、
レンタル契約ならではのデメリット
と言えるでしょう。

 

⇒個人事業主でも簡単に導入可能!!コピー機のレンタル契約とは

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

まとめ

 

コピー機のリース契約とレンタル契約の違いについて紹介してきました。

コピー機のリース契約とレンタル契約にはさまざまな違いがあります。

 

また、それぞれの契約方法にメリットとデメリットがあるので、
実際に契約する場合は、それぞれの契約方法の違いについてしっかりと把握し、
メリットとデメリットを比較しながら、どの方法でコピー機を導入するかを検討するようにしましょう。

 

補足

 

リース契約に比べてレンタル契約は月々の料金が高くなってしまうのがネックですが、

大型コピー機レンタル【ZEROコピ】サービスでは月額2,980円からのレンタル料金を実現いたしました。

 

その秘密は、、、

  • 少数精鋭部隊

コピー機の料金が高くなってしまうのは、コピー機導入までに掛かる人件費が大半となります。

ZEROコピでは少数精鋭部隊を作り、安さを実現しました。

 

  • 地域限定サービス

ZEROコピでは特にメンテナンス対応を重視し、

地域限定のサービスを行っております。

 

  • 営業コストカット

基本的にオンライン対応にし、営業交通費などの人件費を削ることで安さを実現しました。

 

 

どこよりも安く、保守体制も万全の状態でサービス展開しております。

コピー機導入を検討している方は是非、お問合せください。

 

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

 

 

” Category of Column "

ZEROコピー お得情報 豆知識 お客様の声

Copyright© ZEROコピ , 2020 All Rights Reserved.