コピー機のクラウド接続方法とおすすめクラウドサービス3選!

投稿日:

 

 

今回は複合機、コピー機のクラウド接続方法の説明とともに、
コピー機の便利機能オススメ5選でも紹介したクラウドサービスの中から、主要なものを3つピックアップしてご紹介致します。

 

⇒コピー機利用者の上手な使い方!便利機能おすすめ5選!

 

 

クラウド接続方法

 

複合機、コピー機をクラウドに接続する方法は機種によって細かな違いはありますが、大まかな流れは一緒です。

 

1.クラウドサービス選び

2.インターネット接続

3.アカウント作成、サービス利用

4.コピー機アカウント連携、クラウド接続開始

 

基本的には上記の流れで接続を行います。それでは1つずつ見ていきましょう。

 

 

1.クラウドサービス選び

 

クラウド接続をするにあたって、まずはどのクラウドサービスを利用するかを選ばなければなりません。

全てのクラウドサービスを利用できるわけではなく、複合機、コピー機によって連携できるクラウドサービスは違いますので、
後述にて多くのコピー機が利用できるクラウドサービスの中から3つオススメをご紹介します。

是非そちらを参考にしてみてください。

 

 

2.インターネット接続

 

クラウドサービスはインターネット上でのサービスなので、クラウド接続するには、
どのコピー機でもまずは有線または無線でインターネットに接続しなければなりません。

無線接続ならば、まずはコピー機のネットワーク設定からWi-fiの設定を行い、
インターネットに接続しましょう。有線の場合はケーブルを挿すだけでOKです。

 

 

3.アカウント作成、サービス利用

 

クラウドサービスを利用するには、そのサービスを利用するアカウントを所持してサービスを利用開始していなければなりません。

持っていない場合は、パソコンから利用するサービスのウェブサイトにアクセスしてアカウントを作成し、プランを選んでサービスの利用を開始しましょう。

 

 

4.コピー機アカウント連携、クラウド接続開始

 

アカウントを作成しサービスを利用開始したら、使用するコピー機で作成したアカウントをリンクさせなければなりません。

コピー機のクラウド接続設定から利用しているサービスを選んで、アカウントを登録し、クラウド接続を行いましょう。

以上で接続作業は完了です。

 

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

 

おすすめクラウドサービス

 

複合機、コピー機の設定からクラウド接続をするとき、サービスを選ぶ必要があります。

どのサービスを選んでも複合機、コピー機での基本的な作業は可能ですが、クラウドサービスはコピー機での利用以外にもいろいろな事が可能です。

今回はコピー機と連携出来るオススメクラウドサービスをいくつかご紹介します。

 

Google Drive

こちらはグーグルが提供しているクラウドサービスです。

グーグルの提供している他のいろいろなサービスと連携することが出来るため、
GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートなどを利用している方にはオススメできます。

 

各種ファイルの共有が出来ることが特徴で、いろいろな端末からアクセスしてドキュメントやスプレッドシートを共有、編集することができる他、
ファイルの保存に関しては、Photoshopなどのデータも保存出来るため、PDFやワード以外のデータを取り扱いたい方にもオススメです。

 

気になる料金に関しては、15GBまでの個人用は無料で使用することができ、容量無制限の法人用は有料となっておりますが、
法人用のBusinessプランでも月額1360円と、他のサービスと比べて低価格なことも魅力です。

 

こちらはGoogleアカウントがあればすぐに始められるので、既にアカウントを所持している方なら手間をかけずに利用することが出来ます。

 

■特徴

・他のグーグルサービスと連携することができる

・Photoshopやイラストレーターなど、いろいろなファイルを保存、編集することができる

・15GBまでの個人用は無料、法人用は有料だが低価格

 

 

OneDrive

こちらはマイクロソフトが提供しているクラウドサービスです。

OneDriveの特徴は、大容量低価格です。

 

5GBまでは無料で使用することができ、有料プランでも月額224円で100GB利用可能です。

もちろん法人むけの大容量プランも提供しており、1TBプランは年間6480円、無制限プランは年間1万3080円となっています。

 

また、マイクロソフトが提供しているサービスなので、ワードやエクセル、パワーポイントなどのOfficeアプリとの連携が強みでもあります。

 

こちらはマイクロソフト社のアカウントを所持していればサービスを利用できるので、Google Driveと同様、敷居は低いと言えます。

 

■特徴

・大容量低価格(5GBまでは無料、)

・ワード、エクセル、パワーポイントなどOfficeアプリとの連携が可能

 

 

Dropbox

こちらはDropbox社の提供するサービスですが、特筆すべきはその利用者の数でしょう。

Dropboxは全世界で5億人以上のユーザー、30万以上の会社が利用しています。

大きな特徴は、ファイル共有と共同作業に特化していることです。

 

さまざまな共有機能や共同作業ツールを提供しており、Officeアプリとの連携も可能になっています。

 

また、復元機能に優れており、過去180日間までのファイルを復元することが出来ます。

最後に料金に関してですが、最も利用されているStandardプランが年間1万5000円となっており、利用可能な容量は5TBです。

 

■特徴

・5億人以上のユーザー数

・ファイル共有と共同作業に特化、復元機能搭載

・年間1万5000円で5TBの容量

 

 

まとめ

 

如何でしたか?

今回は一般的なコピー機のクラウドサービス接続方法と、オススメクラウドサービスを3つご紹介致しました。

 

コピー機をクラウド接続することにより、コピー機単体でデータを呼び出して印刷したり、
印刷せずとも画像データでのやりとりが出来るようになりますが、クラウドサービスはその他にもいろいろ便利なサービスを提供しています。

 

ただ、コピー機をクラウド接続するだけでなく、クラウドサービス自体をしっかりと使いこなすことが出来れば、仕事効率アップは確実です!

 

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

 

” Category of Column "

ZEROコピー お得情報 豆知識 お客様の声

Copyright© ZEROコピ , 2020 All Rights Reserved.