コピー機のリースとレンタルを徹底比較~お得なのはどっち?~

投稿日:

 

コピー機(複合機)を導入する際、一括購入・リース契約・レンタル契約という選択肢がありますが、

「それぞれどう違うのか……」

「結局のところどの方法が最もお得なのか……」

とお悩みではありませんか?

 

コピー機(複合機)は機種・メーカーやスペックだけでなく、導入方法や契約種類など考えることが沢山あり大変ですよね。

また、自分に見合った内容で契約できている人は多くないと思います。

 

⇒正しいコピー機の選び方で、機能もコストも損しない!

 

 

そこで今回は、一括購入・リース契約・レンタル契約、それぞれの導入方法について
メリット・デメリットを踏まえて比較しながら解説します!

 

ご自身の環境や状況によってどの方法をとるべきか変わってくるものになりますので、
一度それぞれの特徴についてしっかりと確認した上でどの方法が一番ふさわしいか考えてみてくださいね。

 

 

コピー機の導入方法は3種類!

 

冒頭お話したように、コピー機(複合機)の導入方法には以下の3種類があげられます。

 

・一括購入 … 新品または中古品をコピー機業者から買い取る方法

・リース契約 … リース業者に代理で買ってもらったコピー機を利用料を支払って借りる方法

・レンタル契約 … レンタル業者が保有しているコピー機を利用料を支払って借りる方法

 

大まかに言うとこのような説明になりますが、以下でそれぞれについて詳しく見ていきましょう。

メリット・デメリットを踏まえてご説明しますので、どの方法がご自身の状況に合うのか考えながら確認してみてくださいね。

 

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

 

 

一括購入のメリット・デメリット

 

まずは購入のメリットとデメリットから見ていきましょう。

 

〇購入のメリット

・自社に所有権がある

・機種や契約期間などの制限がない

・本体価格に対してリース料の料率などの余計な費用がかからない

 

 

〇購入のデメリット

・まとまった初期費用が必要

・トナー代などのランニングコストがかかる

・故障時のために別途保守契約や修理が必要

・購入金額によっては経費計上ができない

 

購入の特徴としてはやはり自社に所有権があることがあげられます。

自社に所有権があるので使用しなくなった場合は下取りをして販売する事が可能です。

 

ただ、所有権を有する事で制限なくコピー機を使用することができますが、
一方でランニングコストや保守など使用上の管理を自身で行う必要があります。

 

また、購入の際はまとまった初期費用が必要になりますが、
リース契約などはリースの料率が発生するので一括購入のほうが
別途の費用などの負担はなく本体価格だけでコピー機を導入することができます。

 

ただ、購入金額によっては経費計上ができない場合があるので注意が必要です。

 

 

⇒コピー機は経費処理できる?

 

 

リース契約のメリット・デメリット

 

次にコピー機(複合機)の導入で最も主流であるリース契約のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

 

〇リース契約のメリット

・初期費用が安く済む

・リース料金を経費計上できる

・減価償却の処理や固定資産税について考えなくてよい

 

 

〇リース契約のデメリット

・リース料率分割高になる

・契約期間が長くなる

・中途解約ができない

・審査に通る必要がある(連帯保証人を付ける必要がある)

 

リース契約の特徴としては、リース料金という月額制の支払い方法になることによって
初期費用を抑えつつランニングコストの見通しが立てやすいことがあげられます。

 

リース契約の場合は契約時にトナー使用料や保守契約をセットで考えることが一般的であり、
ランニングコストについてトナー切れや故障の度にその時々で考える必要がありません。

 

また、自社で所有権を持たないために減価償却や固定資産税についても考える必要がなく、
管理の負担を減らせる点もメリットと言えるでしょう。

 

一方で本体にかかるコストについてはリース料率分割高になる点には注意が必要です。

 

また、借入れの際に審査が必要になる為、そもそも借りることができないという可能性もあるほか、
中途解約ができない長期契約となるため長期での継続的な支払いが必要になる点も認識しておかなければなりません。

 

コピー機(複合機)のリース契約の期間は5年~7年となり長期契約となります。

リース契約は審査が必要になるため連帯保証人をたてる必要があります。

 

なので、もし会社が不安定になってしまい、仮に倒産してしまった場合は連帯保証人の代表者の方が責任を負う必要があります。

 

 

⇒コピー機にリース契約が多い理由とは

 

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

 

 

レンタル契約のメリット・デメリット

 

最後にレンタル契約のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

 

〇レンタルのメリット

・初期費用が抑えられる

・リース契約と異なり期間の制限や審査がない

・リース契約と異なり中途解約ができる

・個人でも契約ができる

 

 

〇レンタルのデメリット

・本体価格の支払いに関しては割高になる

・最新機種を選択できない

 

レンタル契約の特徴としては、期間制限や審査などのリース契約のデメリットを回避しつつ初期費用を抑えてコピー機をレンタル利用できることがあげられます。

 

リース契約の際に必要だった審査や契約期間の制限はレンタル契約にはありませんが、
レンタル契約のため所有権が無いことによる管理の楽さや、ランニングコストの見通しの立て易さなどのメリットは得ることができます。

 

レンタル契約では審査が必要ない為、個人の方でも気軽にコピー機(複合機)を利用できる事がメリットしてあげられます。

 

また、リース契約同様に初期費用を抑えることができる点も大きなメリットですが、
本体のコストについて一般的にリース契約よりもさらに割高になる点については認識しておく必要があります。

 

ほかにもリース契約とは異なり機種を指定することはできないため、
特に最新機種やこだわりの機種を利用したいと考えている場合などには注意が必要です。

 

 

⇒コピー機を「レンタル契約」にするべきシチュエーション

 

 

まとめ

 

今回はコピー機(複合機)の導入方法について、購入・リース・レンタルという3つの方法を解説しました。

 

それぞれにメリットとデメリットがありますのでご自身の状況に合わせて最適な方法を選ぶことが重要になりますが、
特徴を踏まえた上でも中々ご自身で決断することが難しいという場合もあるかと思います。

 

そのような場合は、ぜひ一度【ZEROコピ】にご相談ください!

 

【ZEROコピ】では一都三県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)のレンタルサービスに加え、全国対応のリース契約のご相談も承っています。

 

お客様の環境やご利用状況に合わせたさまざまなプランをご用意しておりますので、
コピー機の導入についてお悩みの方やプランについて今一度考えたいという方はぜひ一度【ZEROコピ】までお気軽にご相談ください!

 

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

 

 

 

 

 

 

” Category of Column "

ZEROコピー お得情報 豆知識 お客様の声

Copyright© ZEROコピ , 2021 All Rights Reserved.