コピー機のリース審査基準とは?

投稿日:

 

コピー機(複合機)は決して安いものではありませんので、
リース契約によってコピー機(複合機)を利用する事業者様が多いです。

ただ、その場合問題になるのがリース審査になります。

 

なぜ、リースに審査があるのかというと、リースにはファイナンス的な側面もあるからです。

そこから考えれば、自社がリース審査に通りやすいかどうかを推測できます。

 

ここではリース審査でポイントとなる4つの基準について解説させていただきます。

 

 

コピー機リース契約4つの審査基準

 

まず、最初に4つの審査基準を挙げると、以下のようになります。

 

・企業の業績と経営状態

・企業の業種

・代表取締役の年齢

・企業と代表取締役の信用情報の滞納歴

 

以下、それぞれの審査基準を詳しく見ていきます。

 

 

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

 

 

コピー機リース審査基準 その1:企業の業績と経営状態

 

リース契約では、リース会社が借り手の希望する品物(コピー機)を購入して、それを貸与します。

借り手はリース料金を支払うことで、その品物(コピー機)にかかったコストを負担します。

 

なので、借り手企業の業績や経営状態が悪ければ、
リース料金をすべて払ってもらえないリスクが高まり、審査に通らないということになります。

 

具体的な基準には以下のようなものがあります。

 

・直近2期以上黒字

・起業して3年以上経過

 

起業して間もない法人だとリース審査がなかなか通らないのが現状です。

ただ、リース会社によって審査が通過する事もあります。

 

 

コピー機リース審査基準 その2:企業の業種

 

企業の業種によっても、リース審査に通らないことがあります。

なぜなら、経営が不安定になりやすい業種の場合、「リスクが高い」と判断されるからです。

 

具体的には、以下のような業種が、複合機リース審査の通過率が低いとされています。

 

・美容系(エステサロンや理美容室など)

・飲食店系

・風俗関係

・IT関係

 

逆に、収益が安定しやすいと考えられる業種は、リース審査に通りやすいです。

たとえば、難関国家資格が必要な業種や、政府と関係がある業種などがそれに当たります。

 

 

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

 

 

コピー機リース審査基準 その3:代表取締役の年齢

 

リース契約は代表取締役の方が連帯保証人に入る必要が必ずあります。

大手企業や上場企業は連帯保証人が必要ない場合もあります。

 

中小企業や、起業したばかりの企業の場合は、
その経営状態が代表取締役に大きく左右されますので、リース審査では代表取締役の年齢も審査基準となります。

 

20代前半か70歳以上だとリスクが高いと判定され、
リース審査が落ちてしまったり、高齢者の場合は第二連帯保証人が必要になる場合があります。

 

 

コピー機リース審査基準 その4:企業と代表取締役の信用情報の滞納歴

 

企業と代表取締役、両方の信用情報もリースの審査基準となります。

ローンなどで滞納歴がある場合、「リース料金も滞納されるかも」と思われるのは仕方のないことです。

 

具体的には以下の滞納歴がチェックされます。

 

・ローン

・クレジットカード

・通信代(携帯電話など)

・家賃

 などなど。

 

 

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

 

 

まとめ

 

コピー機(複合機)のリース審査でチェックされる4つの基準を見てきましたが、まとめて言えば、

 

「長期間、安定的にリース料金の支払いができるかどうか」

 

これを審査されているということになります。

 

コピー機のリース審査に落ちる=リース料金を長期安定して支払えないと判断されている

 

ただ、その審査にしてもリース会社によって異なりますので、
自社と相性の良いリース会社であれば審査も通過しやすいということになります。

 

リース審査が通過しない場合でも他のリース会社で、審査が通過するという事例もあります。

自社でリース会社を用意できない場合は基本的にはコピー機(複合機)の販売代理店のリース会社を利用する事になります。

 

リース契約をする場合はリース会社の取り分となりリース料率を支払う事になります。

なので、コピー機(複合機)の販売代理店が用意するリース会社のリース料率を確認する事をおすすめします。

 

⇒コピー機をリース契約した場合の料率とは

 

 

補足

 

大型コピー機レンタル【ZEROコピ】サービスではリース契約ではなくレンタル契約でサービスを展開しております。

 

リース契約はご説明した通り、審査が必要になり、連帯保証人を付けていただく必要があります。

また、コピー機(複合機)でのリース契約期間は5~7年の長期契約となります。

 

リース契約はコピー機(複合機)を利用するうえで、とても便利な契約となり、
コピー機を導入している企業の8割以上が、このリース契約をしております。

 

もし、会社が傾いてしまったりして、会社の存続ができない場合は
連帯保証人の代表取締役の方がリース料金の残債分を支払っていく必要があります。

 

【ZEROコピ】では契約期間の縛りが無く、気軽に業務用コピー機(複合機)がご利用いただけます。

【ZEROコピ】は月額2,980円から利用が可能となっております!!

 

これからコピー機(複合機)の導入を検討している方は是非、お問合せください。

 

 

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

 

 

 

 

 

” Category of Column "

ZEROコピー お得情報 豆知識 お客様の声

Copyright© ZEROコピ , 2021 All Rights Reserved.