中古コピー機は大丈夫?メリットとデメリットを解説

投稿日:

 

業務用のコピー機(複合機)は購入すると高価なものです。

コピー機(複合機)は精密機械ですし、何年も仕事に使い続けるものですから、ある程度高価なのは仕方がありません。

とは言っても、できることなら少しでも費用を抑えたい、そんなときには中古のコピー機(複合機)の導入を検討することもあるかもしれません。

 

しかし、中古のコピー機(複合機)を購入した場合、安心して仕事に使用することができるのでしょうか?

また、本当に新品購入やリース契約よりも費用を安く抑えることができるのでしょうか?

 

この記事では中古のコピー機(複合機)を導入するのはどうなのか、そのメリット・デメリットについてご紹介します。

 

 

中古コピー機を購入する場合の費用

 

中古のコピー機(複合機)は、型落ちの安価のものだと本体価格が10万円未満のものもあります。

中古市場で人気のスタンダードな機能を持つモデルでも10~20万円程度、やや新しいモデルでも20~30万円程度で購入することができます。

 

最新のコピー機を新品で購入する場合には、機種によっては100万円を超えることも少なくありませんので、
本体価格だけを見ると、中古品はとても安く購入できることになります。

 

しかし、中古の場合にはリース契約などはなく、
原則として一括購入することになり、導入時の初期費用として、まとまったお金が必要になります。

 

また、本体購入費用のほかにもメンテナンス費用や、
業者によっては設置費用などもかかることがありますので、本体価格以外の費用についてもよく確認してから購入しましょう。

 

⇒コピー機導入時の悩み"保守契約"

 

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

 

 

中古コピー機を購入した場合の経費計上は

 

コピー機(複合機)を購入した場合、経費対象になるか不安になるかと思います。

 

コピー機(複合機)を購入した場合は購入金額によって経費計上の勘定科目が変わります。

変更がある金額はズバリ10万円です。

 

コピー機(複合機)の買取り価格が10万円以上の場合は、勘定科目が〈工具器具備品〉となります。

 

あまり聞きなれた勘定科目ではないかもしれませんが、
コピー機(複合機)料買取り価格が10万円以上の場合は、購入時に費用計上ができません!

 

会社の資産として減価償却をしながら、5年かけて計上する流れとなります。

 

また、コピー機(複合機)の購入価格が10万未満の場合は、勘定科目が〈消耗品費〉となります。

税法上では複合機、コピー機の購入価格が10万円未満の場合は少額減価償却資産として損金処理ができます。

そのため〈消耗品費〉として一括で購入時に費用計上ができます。

 

コピー機(複合機)の価格も考慮したうえで、購入するか検討してみましょう。

 

⇒コピー機は経費処理できる?

 

 

中古コピー機の購入には当たりはずれがある!?

 

中古市場で人気のスタンダードな機能を持つモデルでも10~20万円程度、
やや新しいモデルでも20~30万円程度で購入することができるとお伝えしましたが、
購入先や物によっては当たりはずれがあります。

 

具体的にどういう事かというと、中古コピー機業者はコピー機の販売を目的としているので、
購入先によってはコピー機外部、内部の清掃などをしていない業者もあります。

 

なので、コピー機(複合機)を購入して最初の印刷から品質が悪いって事もあります。

また、内部クリーニングもOKとしている業者でも配送による振動などの影響で、
コピー機(複合機)が到着してから品質不良になってしまうって事もあります。

 

中古コピー機(複合機)を購入する際は購入先の選定を慎重に行う必要があります。

販売実績があるのか?口コミなどどうなのか?など予め調べる事をおすすめします。

 

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

 

 

中古コピー機購入のメリット・デメリット

 

中古のコピー機(複合機)にはメリットもデメリットもあるため、すべての人に中古購入をおすすめすることはできません。

 

メリットやデメリットをご確認のうえ、ご自身の用途や目的に合っていると判断できる方には、とても良い買い物といえるでしょう。

 

中古でコピー機(複合機)を導入する場合のメリット・デメリットを、それぞれご紹介します。

 

 

メリット

 

①価格の安さ

一般的なオフィス向けコピー機・複合機の中古市場での相場は10万円~30万円程度ですが、
新品で購入する場合は100万円程度の価格帯が中心になります。

 

②手軽に導入できる

リース契約をする場合には「審査」が必要ですが、
中古コピー機を販売する店舗に在庫があるものを購入する際には、普通の買い物と同様、特別な手続きは必要ありません。

 

③一括購入で経費として処理できる

個人事業主や中小企業なら、コピー機・複合機を一括で購入した場合、会計上、総額10万円未満の機器は支払いを経費として処理できる。

10万円未満の中古品を購入する場合には会計上の恩恵も受けられますし、
経費処理することができれば減価償却の手間も省けるので、償却資産税の支払いも不要になり、税務上でもメリットがあります。

 

 

デメリット

 

①初期費用が必要

メリットのある「一括償却資産」として処理するためには、本体購入の費用を一括で支払う必要があります。

この場合、月々の支払いはありませんが、導入時に10万円~30万円程度のまとまったお金を準備する必要があります。

 

②保守料金がやや高い

中古コピー機(複合機)の場合は保守契約は任意ですが、新品に比べて故障や部品交換が必要になる可能性は高くなります。

新品よりも故障のリスクが高いため、保守料金も新品より高く設定される事が多いです。

保守契約を結ばない場合は、故障した際にまったく使えなくなってしまうリスクがあるので、保守契約は結んでおいたほうが良いでしょう。

カウンター保守契約で印刷枚数が少ないのなら、一枚あたりの保守料金がやや割高になっても影響はごく小さいでしょう。

逆に、印刷枚数が多い場合には、月々のカウンター料金が高額になり、本体料金は安くてもランニングコストが高くなってしまいます。

⇒業務用コピー機の保守料金とは何ですか?

 

③機器の状態・品質が一定でない

コピー機(複合機)の中古品に限ったことではありませんが、中古品は状態が良いものも悪いものもあります。

また、機械の場合は、見た目が綺麗でも実際に使ってみないと品質がわからない部分もあります。

中古品を販売する業者も動作確認やチェックを行いますが、その機器が今後どれくらい使用できるのかを判断するのは困難です。

保証期間や保証枚数を設定している業者もありますが、それほど長期ではなく、中古品の機器選びは自己責任になります。

使用年数や製造年月日、カウンター枚数や部品の消耗度合いをよく確認しましょう。

 

④パーツが入手できなくなる可能性がある

コピー機(複合機)のパーツは、販売終了から7年~10年程度で部品の製造・供給が終了してしまいます。

あまりに古いモデルは故障したら修理できない場合がありますし、型落ちの機器は現行のモデルよりも早く修理できなくなります。

購入前に販売終了時期を確認すると良いでしょう。

 

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

 

 

まとめ

 

中古のコピー機(複合機)を購入する費用や、メリット・デメリットをご紹介しました。

本体を安く購入したくて、印刷枚数が少ないという場合には、中古のコピー機(複合機)は良い選択といえるでしょう。

ただしデメリットも多くありますので、よく考え、よく確認してから購入しましょう。

 

 

補足

 

大型コピー機レンタル「ZEROコピ」では、名前の通りコピー機(複合機)のレンタルサービスを行っています。

 

「ZEROコピ」では月額2,980円からご案内しております。

また、「ZEROコピ」サービスではお客様にあわせた4つのプランを提供しております。

 

コピー機は中古になりますが、弊社がすべて保守・メンテナンスをさせていただいております。

保守・メンテナンスは無料です!!

 

なので、弊社としてもすぐに壊れるコピー機を納品するわけにはいきません。

価格の安さだけではなく、保守・メンテナンスに特に力をいれております。

 

コピー機(複合機)の導入を検討している方は是非、お問合せください。

 

 

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

 

 

 

 

” Category of Column "

ZEROコピー お得情報 豆知識 お客様の声

Copyright© ZEROコピ , 2021 All Rights Reserved.