KYOCERAの複合機と他メーカーとの違いとは?3つの特徴を紹介

投稿日:

 

 

 

数あるメーカーの中からコピー機(複合機)を選ぶ際、各メーカーの特徴について押さえておきたいとお考えではありませんか?

 

そこで今回は複合機メーカーの一つである京セラ(KYOCERA)のコピー機(複合機)について、特徴や代表機種をはじめ、保守体制やどのようなオフィスに向いているかまでしっかり解説していきます。

 

コストを抑えながら安定した複合機を使いたいとお考えの場合は見逃せない内容になっていますので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね~(^^♪

 

 

京セラの概要

 

 

1959年に「京都セラミック株式会社」としてファインセラミックスの事業を始めた京セラですが、現在では光学機器や電子機器、情報通信サービスなど、多方面で事業を展開しています。

 

それらの技術力をもって複合機の開発を行い、国内市場においてシェアを有するだけでなくドイツなど海外市場においても高い評価を得ています。

 

 

⇒人気コピー機メーカー!!京セラ複合機の商品紹介

 

 

 

京セラ複合機の代表機種と特徴

 

 

そんな京セラ複合機の特徴ですが、圧倒的なランニングコストの低さと耐久性の高さがあげられます。

ファインセラミックスを初めとして高い技術力を有する京セラは複合機においても優れた開発を行っており、部品の耐久性を上げることでランニングコストの低減を実現しています。

 

 

京セラ複合機の代表機種としては、用途にあわせて多くのラインナップが用意されたTASKalfaシリーズと、A4サイズまでのコンパクト複合機のECOSYSシリーズがあげられます。

 

 

京セラ複合機のもつ高い技術力と低コスト性について以下で詳しく見ていきましょう!

 

 

⇒京セラの複合機・コピー機の特徴

 

 

 

高耐久性

 

京セラ複合機の大きな特徴の一つは何と言っても耐久性の高さにあります。

先ほども少し触れたように京セラはその高い技術力をもって複合機を開発しており、特に京セラ独自のアモルファスシリコンを採用したドラムは通常のドラムと比べて圧倒的な耐久性と長寿命を有しています。

 

複合機の印字不良の原因としてドラムが大きく関わっていますが、そのドラムの摩耗などのトラブルが抑えられている点は京セラ複合機の優れている点と言えるでしょう!

 

 

 

低ランニングコスト

 

京セラ複合機の特徴としてはランニングコストの低さもあげられます。

特にカウンター料金の安さは圧倒的であり、一般的にはモノクロ1円以上/カラー10円以上と言われているところ、京セラはモノクロ0.6円/カラー6円という安さを実現しています。

 

 

複合機のランニングコストの要因としては他に定期的な部品の交換があげられますが、京セラ複合機は部品の高耐久化・高寿命化により交換頻度を抑えることでランニングコストを低く抑えています。

 

 

また原稿やデータに白紙が入っていた場合にその分の印刷を行わない機能のほか、トナー消費を抑えるエコプリントや2色刷り機能など随所にランニングコストを抑えられる機能が備わっています。

 

 

 

誰にでも扱いやすい操作性

 

操作性においても誰にでも扱いやすいような工夫がなされている点も特徴的です。

現在の複合機では操作画面にタッチパネルのみ採用されていることが多いですが、タッチパネルにボタン式のテンキーを追加することが可能なほか、トナー交換の際も空のトナー分のみカバーが自動で開くなど機械操作が得意でないユーザーにも扱いやすい設計になっています。

 

 

また紙詰まりなどのトラブルが発生した際も操作画面に分かりやすい対処手順が表示されるだけでなく、実際に複合機内部の操作箇所も色分けがされているなど簡単に対処できる工夫がなされています。

 

 

 

京セラ【TASKalfa 2554ci・3554ci 】ランニングコストに優れた人気シリーズ~2021年~

 

 

 

京セラの保守

 

 

京セラは「Ecosys NET」と呼ばれるリモートサービスにより未然にトラブルを防ぐ体制作りを行っています。

紙詰まりなどのトラブルを察知してエンジニア派遣など必要な対処を行うだけでなく、定期的にデータのバックアップを取りデータ損失へ備える機能やリモート操作で機器の設定作業をサポートするサービスなど安心出来る保守体制を提供しています。

 

 

 

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

 

 

 

京セラ複合機が向いているオフィスと向いていないオフィス

 

 

 

このような特徴を備えた京セラの複合機ですが、どのようなオフィスに向いていてどのようなオフィスには向いていないのでしょうか。

以下に特徴を踏まえて記載しましたので、ご自身のオフィスと比べてみてください!

 

 

 

〇向いているオフィス

 

 

 

・ランニングコストを抑えたい

・印刷枚数が多いなどの理由で耐久性を求める

・簡単に操作できる複合機を探している

 

 

 

 

×向いていないオフィス

 

 

 

・特に優れた画質を求める

・複合機業界でシェアトップメーカーの複合機を使いたい

 

 

 

 

⇒京セラ・ブラザー・東芝が「一押ししているコピー機はこれだ!」2020年版

 

 

 

まとめ

 

 

いかがだったでしょうか?

今回は京セラ複合機について、その特徴をはじめどのようなオフィスに向いているかについて解説しました!

 

 

高い技術力により高耐久の複合機を提供しながら圧倒的な低コストを実現しているメーカーと言えますので、印刷枚数が多く耐久性を求める場合やコストを抑えたい場合は選択肢の一つとなるでしょう。

 

 

 

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

 

” Category of Column "

ZEROコピー お得情報 豆知識 お客様の声

Copyright© ZEROコピ , 2021 All Rights Reserved.