富士ゼロックスは【富士フイルムビジネスイノベーション】へ。社名変更の理由とは?

投稿日:

 

 

 

みなさん、富士ゼロックスはご存知でしょうか?

コピー機界で知らない人は、いないくらい有名な会社です!

そのコピー機(複合機)業界大手の富士ゼロックス株式会社が、2021年4月1日付けで社名を変更しました。

その名も「富士フイルムビジネスイノベーション株式会社」として生まれ変わったようです。

「富士ゼロックス」というネーミングは広く浸透していて、これほどまで親しまれてきたブランド名を手放して大丈夫なでしょうか?

 

 

今回は、富士フイルムビジネスイノベーションの社名変更の理由と、彼らの今後についてお話をさせていただきます!!

ぜひ最後までご覧下さい~♪

 

 

 

そもそも富士ゼロックスとは?

 

 

めは富士フイルムホールディングスを親会社として、イギリスの「ランク・ゼロックス」との合弁会社として発足した富士ゼロックス。

その後、ランク・ゼロックスが本社に相当するアメリカの「ゼロックス・コーポレーション」の完全子会社になったため、富士フイルムとゼロックス・コーポレーションの合弁会社になった経緯があります。

 

 

元々、アジアに商圏を持っていた富士フイルムと、欧州市場に強力なブランド力を持っていた米ゼロックス社の提携は歓迎され、これまで良好にビジネスを展開してきたことはご存知の通りです。

 

 

 

なぜ社名を変更したのか?

 

 

うやら微妙なパワー・バランスの駆け引きがあったようです。

富士フイルムはゼロックスのブランド使用に関する契約を5年ごとに更新していました。

そのライセンス料は年間100億円だったそうです!

 

 

さらに、販売提携のルールとしてアジア圏は富士ゼロックス、欧州市場は米ゼロックスという住み分けが決められていました。

つまり富士ゼロックスの商圏が広がっていたわけでは無いんですね。

 

 

そこで、富士フイルムは富士ゼロックスの経営統合に向けて動いていたのですが、米ゼロックス側の反発に遭い断念。

その時、少しもめたようですね。。。

 

 

その後、詳細は不明ですが話が二転三転して結局、富士ゼロックスは「ゼロックス」のブランド名を手放し、新しいブランドで出直す事にしたようです。

とはいえ、米ゼロックスとは商品供給提携などで今後もお付き合いはするようで、完全離別というわけでは無さそうです。

 

 

 

もうひとつの理由

 

 

士フイルムは老舗という事もあってか、おっとりとした前時代的な社風なのだとか。

経営陣に官僚的なタイプが多く、とにかくミスの無い人が出世する。これではイノベーションが起きる環境にありません!

 

 

そこで思い切った改革を進めるため、これからの時代に対応するビジネスを生み出すために大きく舵を切った。というところでしょう。

 

 

また、このところ国内における複合機のリース料やカウンター料金は下がり続けています。そのため、メイン収益であるそれらの事業は富士ゼロックスにおいても減少傾向にありました。

放置すればますます悪化するのは目に見えていますからある意味、生き残りを賭けた壮絶な経営判断だったのです。

 

 

 

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

 

 

 

富士フイルムビジネスイノベーションの今後について

 

 

 

 

 

表取締役社長・CEOに就任した真茅久則氏は「新体制での今後のビジネス戦略としては、国内だけでなくグローバルに拡販展開を進めることで、当社の社名と製品、ブランドの認知度を世界に広げていく。

また、将来の成長を見据えて、ITソリューションとサービスビジネスにさらに力を注いでいく。

そして、顧客企業の働き方改革や業務効率化、デジタル化に向けて、最も優れたソリューションを提供できる企業を目指し、当社自身も大胆に変革を進めていく」と語っています。

 

 

ゼロックスとの販売提携が解消されたお陰で、欧州市場にも打って出ることが可能になりました!

さらに顧客である国内企業の多くはすでに海外展開しています。今後ますますグローバル化が進むことが予想されますので、対応していく必要があるんですね。

 

 

 

新ブランドの複合機、プリンターを順次販売

 

 

たな自社ブランドにおける新商品として、高機能複合機「ApeosPro」シリーズ、デジタルカラー複合機「Apeos C」シリーズ、A4カラープリンター「ApeosPrint C320 dw」およびA4カラー複合機「Apeos C320 z」が発表されました。

全5機種、22商品の堂々たる陣容です。

 

 

クラス最小、最軽量のプリンターやオフィス業務の中核となる複合機、さらに高画質を実現する高機能複合機まで、多種多彩なラインナップが為されたのだとか。

 

 

あらゆる業種や業務に対応できる、まさにこれからの時代に合った働き方を実現するための商品になりそうです!

 

 

富士ゼロックスの新機種『ApeosPort C2570 シリーズ』

 

 

 

生まれ変わった富士フイルムビジネスイノベーションに注目しましょう

 

 

かがだったでしょうか

富士ゼロックスの社名変更と、新たな戦略についてお話させていただきました!

 

 

旧体制を打破するためにゼッロクスとの販売提携を解消し、生き残りを賭けて勝負に出た富士フイルムビジネスイノベーション。

 

 

新しい時代に向け、改革を進めて生まれ変わることができるのでしょうか。

業界に真のイノベーションを起こせるのでしょうか。ますます目が離せませんね!!

 

 

今後に期待しましょう!!!

 

 

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

 

 

 

” Category of Column "

ZEROコピー お得情報 豆知識 お客様の声

Copyright© ZEROコピ , 2021 All Rights Reserved.