複合機(業務用コピー機)を長持ちさせる使用方法8選

投稿日:

 

 

 

耐用年数が5年と決まっている複合機(業務用コピー機)ですが、5年で壊れてしまうと決まっているわけではありません。

 

 

無茶な使い方をしては5年以内に壊れてしまう可能性がありますが、丁寧に扱っていれば5年を大きく超えても使い続けることができます。

 

 

そこで今回は、複合機(業務用コピー機)をなるべく長く使えるように、長持ちする使用方法をご紹介したいと思います!

 

 

 

 

正しいメンテナンスをしよう

 

 

複合機(業務用コピー機)は、使用しているとホコリやインクなどによって汚れていくものです。

複合機のパーツ汚れは印刷不良に繋がるため、定期的にメンテナンスを行いましょう。

 

 

ガラスの原稿台やカバーの裏面などはこまめな拭き掃除を行うと、印刷汚れをある程度防ぐことができます。

 

 

中でも特に重要なパーツが給紙ローラーです。このローラーが汚れていると、給紙の際に紙詰まりが起こったり、汚れがついてしまったりと、トラブルが頻繁に起こるようになります。

 

 

給紙ローラーも濡らした布で掃除することができますが、メンテナンス方法は複合機の機種によって変わる場合もあるため、それぞれのメンテナンス方法は取扱説明書で確認しておきましょう。

 

 

また、複合機本体に清掃機能が搭載されているものであれば、定期的にこの機能を使用して清掃するようにしましょう!

 

 

 

複合機は水平な場所に設置しよう

 

 

複合機(業務用コピー機)はとても精密な機械なので、凹凸や少し傾斜のある場所に設置するだけでも内部に負荷がかかってしまい、故障の原因となります。

 

 

そのため、設置場所にはなるべく水平なところを選びましょう。

下に何かを噛ませたりして水平に保とうとすることもあまりオススメできません。

 

 

精密機械は複合機に限らず傾斜が故障の原因になりやすいものです。

もし複合機の他にも業務用の機械を導入しているならば、そちらも水平な場所に設置することを意識しておくと良いでしょう。

 

 

 

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

 

 

 

 

湿気を避けよう

 

 

 

 

複合機(業務用コピー機)は湿気に弱い機械です。

内部にガラスを使用しているため、湿気のある場所に設置していると、結露によって内部に水分が溜まってしまい、印刷汚れや故障の原因となります。

 

 

特に、湿気によって画像処理に関わるパーツが故障してしまうと、印刷時に常に線が入るようになってしまいます。こうなると業者を呼んで修理してもらわなければいけなくなるため、注意が必要です。

 

 

エアコンの真下や加湿器の近くなどは湿気が強くなるため、設置しないようにしましょう。

また、玄関や窓際などの外気に触れる場所もあまりオススメできません。

 

 

 

用紙は定期的に交換しよう

 

 

こちらも複合機(業務用コピー機)本体と同様に湿気を防ぐためです。

コピー用の用紙を長時間給紙カセットに入れっぱなしにしていると、湿気によって用紙が水分を含むようになってしまいます。

 

 

用紙が水分を含むと、印刷したときに文字が滲んだり、うまく給紙されずに紙詰まりを起こしたりと、印刷不良や故障の原因になります。

 

 

複合機を頻繁に使用する場合はそこまで注意する必要はありませんが、数ヶ月同じ用紙がセットされているようであれば、念のため交換したほうが良いでしょう。

 

 

 

電源は落とさないようにしよう

 

 

 

 

省エネのために使用していないときは電源を落としている、という方は要注意です。

複合機(業務用コピー機)は、基本的に電源を落とさずに使用することを想定して設計されているため、電源は付けっぱなしにしたほうが長持ちします。

 

 

複合機にはある程度湿気を防ぐための機能も内蔵されていますが、電源を切ってしまうことでこれらの機能が作動しなくなるため、より湿気のダメージを受けやすくなってしまいます。

 

 

また、電源を付けるという動作は機械に負荷がかかってしまうため、頻繁に付けたり消したりすることも故障の原因になります。

 

 

ほとんどの複合機にはスリープモードが搭載されているので、省エネを意識する場合はスリープモードを活用するようにしましょう。

 

 

 

定期的に印刷しよう

 

 

複合機(業務用コピー機)を長期間使わずに置いておくと、中のトナーが固まってしまう可能性があります。

トナーが固まると印刷不良が起こるため、交換が必要になってしまいます。

 

 

毎日のように複合機を使用する方は問題ありませんが、滅多に使わない、という方は注意が必要です。最低でも週一回は印刷して複合機を動かすようにしましょう。

 

 

 

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

 

 

 

 

純正のトナーを使おう

 

 

複合機(業務用コピー機)のトナーには、純正以外にもリサイクルトナーというものが存在します。

これはカートリッジをそのままに中身を入れ替えたトナーですが、長持ちの観点で言えばあまりオススメできません。

 

 

リサイクルトナーは純正のトナーよりも安価なため、節約のために使っているという方もいるかもしれませんが、このトナーは純正のトナーと比べて故障率が高くなっています。

 

 

安いから、という理由で使用してしまい、故障してしまって修理費が高くなってしまっては本末転倒です。複合機を長持ちさせたい場合は、純正のトナーを使うようにしましょう。

 

 

 

正しい用紙設定で印刷をしよう

 

 

 

 

封筒や厚紙などの、定形外の印刷を行うときは、複合機(業務用コピー機)で事前に用紙を設定して印刷するようにしましょう。

通常の設定でこれらの印刷を行ってしまうと、故障に繋がります。

 

 

用紙の設定を行わずに印刷した場合、複合機の中にトナーが残ってしまい、汚れが付着します。また、厚紙はトナーがしっかりと着かないことで印字不良になってしまいます。

 

複合機の内部にトナーがこぼれてしまうと修理が必要になるので、定形外の用紙で印刷する場合は注意が必要です。

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

複合機(業務用コピー機)は、丁寧に扱っていれば長持ちする機械です。

 

 

想定していた年数より何年も長く使うことが出来れば、大幅なコストカット、節約に繋がります。

無駄な修理代を無くすためにも、是非こちらの方法を実践してみてくださいね♪

 

 

 

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

 

 

 

 

 

” Category of Column "

ZEROコピー お得情報 豆知識 お客様の声

Copyright© ZEROコピ , 2021 All Rights Reserved.