ソート機能とスタック機能の違いとは?

投稿日:

 

 

 

 

こんにちは!

皆さんは、業務用コピー機(複合機)に搭載されているソート機能とスタック機能を知っていますか?

 

 

どちらも使いこなすことで業務を効率化することができる機能ですが、この2つの機能は少し似ているため、よく混同されてしまいます。

 

 

そこで今回は、ソート機能とスタック機能について細かく説明することで、この2つの違いをお伝えします。

 

 

 

ソート機能とは

 

 

ソーターとも呼ばれるソート機能は、印刷物をページ順に仕分けて印刷できる機能です。

例えば、A、B、Cの3ページからなる印刷物を3部印刷するとしましょう。

 

 

通常の印刷方法では、Aを3枚、Bを3枚、Cを3枚というように、各ページごとに分けて印刷しなければならないため、操作の手間がかかってしまいます。

また、印刷が終わったあともページごとに分けて冊子にしなければならないため、少々面倒です。

 

 

しかし、ソート機能を使うと、A、B、C、A、B、C…といったように、ページ順に印刷することができます。

 

 

コピー機からはページ順に並んで出てくるため、あとはそのままホチキスなどで留めるだけで冊子が完成します。

ページ数の多い冊子を複数印刷するときにはこのソート機能がとても便利です。

 

 

コピー機利用者の上手な使い方!便利機能おすすめ5選!

 

 

 

スタック機能とは

 

 

 

スタック機能は、ソート機能とは逆に、同じページを指定した枚数分印刷できる機能です。

先程のA、B、Cの例で例えるなら、AAA、BBB、CCC、と印刷することができます。

それは普通の印刷と同じじゃないの?と思われるかもしれませんが、少し違います。

 

 

通常の印刷では、まずAを3部、その後にもう一度コピー機を操作してBを3部…という形になるため、いちいちコピー機を操作しなければならず、手間がかかります。

 

 

しかし、スタック機能を使えば、最初にまとめてA、B、Cの原稿を読み込んでおくことで、Aを3枚、Bを3枚、Cを3枚と、合計9枚いっぺんに印刷することができるのです。

 

 

 

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

 

 

 

 

ソート機能とスタック機能の使い方、設定方法

 

 

 

 

 

 

では、実際の使い方、設定方法をお伝えします。

基本的にはソートもスタックも同じ操作で使用できる機能です。

ここでは、BROTHERの業務用コピー機を例にご説明します。

 

 

 

①原稿の1ページ目をセットし、部数を入力

 

②「設定変更」を押す

 

③「ソート/スタック」を押す

 

④ソートかスタックを選択

 

⑤複数原稿の読み取りに「はい」を選択

 

⑥2ページ目以降の原稿も同じようにして繰り返す

 

⑦すべて読み取り終わったら、コピーボタンを押す

 

 

 

ソートもスタックも、この操作を行うことで設定して使うことができます。

基本的にはタッチパネルに載っている案内に沿って選択していけば問題ありません。

難しい操作は必要ないので、是非一度使ってみてください。

 

 

 

ソート機能の便利なオプション

 

 

 

実はソート機能には、業務をさらに効率化するための便利なモードがあります。

それは、「回転ソート」と、「シフトソート」です。

 

 

 

回転ソート(セパレート機能)

 

回転ソートは、印刷するときに一部ごとに用紙の向きを変えて排紙してくれる機能です。

最初にA、B、Cと縦向きに排紙したなら、次は横向きにA、B、C、次は縦…となるため、ページの始まりと終わりを確認する必要が無くなります。

印刷部数が多いときなどに利用すると業務の手間が省けるため、とてもオススメです。

 

 

 

 

シフトソート

 

シフトソートも、回転ソートとほぼ同じような機能です。回転ソートが用紙の向きを90°変えて排紙するのに対して、シフトソートは用紙の位置をずらして排紙します。

 

ほぼ同じ機能であり、回転ソートのほうがよく使用されていますが、シフトソートは印刷後の用紙が回転ソートよりもコンパクトにまとめられるため、こちらを好む方もいます。

 

 

 

 

 

ソート機能と併用すると便利なオプション機能

 

 

ソート機能はそのまま使っても便利な機能ですが、併用することでより便利になるオプション機能があります。

 

 

ADF(自動原稿送り装置)

 

原稿を同時に複数セットして順番に読み取る機能です。

通常はソート機能を使用しても、コピー機を原稿の枚数分操作して1枚ずつ読み取らなければなりませんが、このADFを併用すると、一度のコピー機操作ですべての原稿を読み取ることができるようになります。

 

 

複合機、コピー機の便利機能『ADF』でできること・注意点

 

 

 

フィニッシャー

 

印刷物を自動でホチキス留めできるオプション機能です。このフィニッシャーをソート機能と併用すると、コピーの操作だけで完全な冊子を作ることができるようになります。

普段から冊子の印刷部数が多い方は、これを利用することで業務を最大限効率化できます。

 

コピー機のフィニッシャーとは?

 

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

ソート機能とスタック機能は少し似ていますが、同じものではありません。

どちらも使いこなせると便利な機能ですが、特にソート機能は冊子を作る際に効率をグッと上げることができる機能です。

まだ使ったことがない方は、是非一度利用してみてください!

 

 

 

 

お安いレンタルをお考えの方はこちら(業界でもびっくりな価格表)

リースをお考えの方はこちら(メーカーに我々が直接値引き交渉ができるので安い)

 

 

 

 

” Category of Column "

ZEROコピー お得情報 豆知識 お客様の声

Copyright© ZEROコピ , 2021 All Rights Reserved.